風俗手引書

風俗とは

huuzoku

風俗とは、男性向けに女性従業員が性サービスを提供する店のことである。
日本において、風俗産業は全国的に発達している。
店の営業形態も様々である。

風俗店の営業形態は、店舗型と無店舗型の二種類に大別できる。
店舗型とは、店舗を構えて営業する店のことである。
ソープランドやイメクラやファッションヘルスやピンサロなどがこれに該当する。
無店舗型とは、店舗を構えずにホテルや客の自宅でサービスを提供する店のことである。
デリヘルやホテヘルや出張エステなどがこれに当たる。

時代の推移とともに変化を遂げていく風俗業界であるが、今後もさらなる発展を遂げていくことが予想される。

風俗求人

kyuujin

全国各地に数えきれないほどの風俗店があるため、風俗求人も非常に数多く存在する。
インターネットの風俗求人サイトを見ると、全国各地で多くの求人が存在することが確認できる。
特に、東京や大阪などの大都市には数多くの風俗店が存在するため求人の数も多い。

日本における風俗の歴史の観点から見ると、かつて風俗での仕事は「特殊」な仕事であった。古くから、この仕事に従事する女性の多くは金銭的な事情や社会的な背景の元にこの職に就いていた。
しかし、現在では風俗求人に対するイメージは変化しつつある。一般の女性がアルバイト感覚で働ける店や未経験者でも働ける店も多くある。

高収入

風俗求人の特徴として、一般的なアルバイトと比べて高収入が期待できるという点が挙げられる。
アルバイト採用で仕事に就く場合、賃金は時給制で支払われることがほとんどである。
しかし、風俗求人の場合には時給制ではなく歩合制を採用している店が多い。
つまり、客が支払った料金を女性従業員と店とで折半するという方法がとられている。
このような方法であるがゆえに、より多くの客の相手をすることでより多くの報酬が得られるのである。

また、風俗店の場合は指名料やオプション料金はすべて女性の元に入ることになっている。
ゆえに、指名客を増やせば増やすほど稼ぎは良くなる。同様に、様々なオプションプレイに対応できるほど稼ぎは良くなる。
このように、風俗店の場合には自分の営業努力がそのまま金銭的報酬として還ってくるというメリットがある。

様々な業態

samazama

風俗店には様々な業態が存在する。
店の業態によって、サービス内容や接客時間が異なる。
それゆえ、業態によって収入にも差が出てくるのである。

また、同業種間でも女性従業員がもらえる給料は高級店になればなるほど多くなる傾向にある。
高級店であればそれだけ求められるサービスの質も高くなるが、その分高収入が期待できる。

風俗の歴史

日本では、古くから性風俗産業が存在していた。
奈良時代には、「遊行女婦」という遊芸の専門集団が存在していた。このことは万葉集にも記述が出てくる。
その後、安土桃山時代に豊臣秀吉が遊女を集めた遊女屋を作った。これが日本で最初の遊郭である。
以降、各地に遊郭が作られるようになった。
江戸時代に作られた吉原遊廓は、その中でも栄華を極めていたとされる。

その後、明治・大正時代になると「芸娼妓解放令」が出され、建前上は売春は禁じられることとなった。
昭和の戦時中には、慰安婦として多くの女性が性産業に従事させられることとなった。この問題に関しては、現在も政治的な論争として残されている。
戦後には青線・赤線という区分が設けられ、事実上合法売春の状態が続いていた。しかし、1956年に売春防止法が施行され、以降は売春行為は禁止されることとなった。

このような推移とともに、性行為を含まない性サービスを提供する場として風俗店が出現していったのである。
1960年代に出現したストリップ小屋やトルコ風呂などが、日本における現代の風俗店の発祥ともされている。






注目情報

高収入

高収入

高収入とは、収入が平均よりも高額であることを指す。アルバイト、正規雇用といった雇…

新しい記事

  • 高収入

    高収入

    高収入とは、収入が平均よりも高額であることを…
  • ソープランド

    ソープランドとは

    ソープランドとは、個室型風俗店の業態の一つで…
  • ファッションヘルス

    ファッションヘルスとは

    ファッションヘルスとは、風俗の営業形態の一つ…